アンチエイジング

男の人が使う育毛剤

抜け毛や薄毛といった頭髪のトラブルに対し、昔から用いられてきたものが育毛剤です。
現在売られている育毛剤には、実に多くの種類が存在していますが、とりわけ大きく分けると「男性用」と「女性用」という性別ごとのの括りで分類されることが多くなってきました。
同じ頭髪に使うものにシャンプーやリンスなどのヘアケア商品がありますが、概ねそういったものに男性用と女性用という区別がないのはどうしてだろう?と、疑問に感じた人も少なくないと思います。

その理由はどういった部分にあるのでしょうか?
まず、その謎を紐解くヒントは、男性と女性の体質に秘密が隠されています。
薄毛や抜け毛といった髪の毛のトラブルというものの原因には、いろいろなものがあるといわれていますが、男性ホルモンの影響が髪が抜けていく大きな要因になっていると一般的にはいわれています。

その男性ホルモンというものは男性に限らず、女性にも存在していますが、基本的に体内でのホルモン比率は、男女それぞれ違っています。
育毛剤の成分が与える効果のひとつに「男性ホルモンの抑制効果」というものがありますが、このことを考えると男性向けの抑制効果と女性向けの抑制効果に必要な成分量は自ずと変わってくるということがわかりますよね。
つまり、男性用の育毛剤には、抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制する成分が多めに含まれているため、女性が使うことを避けるために種類分けが行われています。
男性ホルモンを抑制するタイプに含まれている成分はhttp://www.dalvikvm.com/dan.htmlにかいてあります。
また、男性用の育毛剤は強い血行促進効果があることも特徴のひとつです。
http://www.psimalaria.org/howmuch.htmlにかいてあるのですが、価格はそれほど高くはなくて1000円くらいで購入できる商品が多いようです。

このページの先頭へ